The man Hawaii fans know as “Jiro” was born Kiyonori Saito in Saitama Prefecture, just north of Tokyo.

During his college years, Saito was a member of the NLT theater group that performed the works of French writers. Saito also worked at various part time jobs, earning modest wages. During his lean years, Saito considered getting a regular job as a salaryman (Japanese white collar worker), but ultimately decided to persevere in his pursuit of acting.

Saito got his first big break when he was cast in the role of “Jiro” for the “Kikaida” series (Jinzo Ningen Kikaida) on the NET-TV network (now TV Asahi). Rather than auditioning for the part, he was tabbed for the role when the wife of the program’s producer chose his photo from a lineup of finalists, exclaiming, “He’s the one!” Before the series debuted, Saito was given the name of Ban Daisuke by the famous manga artist Ishinomori Shotaro. Ban starred in all 43 episodes of “Kikaida” (1972-73) and appeared in many episodes of the spin-off “Kikaida 01” series (1973-74). He is best known in Hawaii for his Jiro role in “Kikaida,” which garnered high ratings on TV, and drew an audience of 36,000 at a live Kikaida show at the HIC (now the Neal Blaisdell Center) in early 1974.

Ban went on to star in other superhero series like “Inazuman” “Ninja Captor” and “Battle Fever J”. He also starred in a number of movies, including the hit horror series Ringu (“The Ring”, 1998); Rasen (“The Spiral”, 1998); Ringu 2 (“The Ring 2” 1999); and Ringu 0: Basudei (“The Ring 0: Birthday”). The American remake of “The Ring” by DreamWorks Pictures was released in October 2002. More recently, he has teamed up with Kamen Rider V3 star Miyauchi Hiroshi in the movie production “Game Action” and “Shi ga Hutari o Wagatsu made Part 2 Nanaka”.
His autobiography Jinzo Ningen Kikaida, Jiro Tabi no Tochu de (“Super Android Kikaida: In the Midst of Jiro’s Journey”) was published by Kadokawa Shoten in August, 2001.

Ban continues to take special guest roles for movies, TV, DVD and stage productions. He is still widely popular in Hawaii, and appeals to two generations of Kikaida fans.

1970年代の特撮ヒーローを演じた俳優・伴大介は、「斉藤清憲」として埼玉で生まれる。

大学卒業後、劇団NLTの研究生となり、演劇の道を志す。


1972年、NET-TVネットワーク(現TV朝日)の特撮テレビドラマ「人造人間キカイダー」の主役「ジロー」に抜擢され、本格的にデビューを果たす。主役に選ばれたのは、オーディションが行われる前にプロデューサーの奥さんが最終選考の写真を見て「この人よ!」と叫んだ事から決定されたというエピソードを持つ。「伴大介」という芸名はキカイダーの生みの親である、石ノ森章太郎先生により名付けられた。「人造人間キカイダー」(1972~73年)の全43話に出演し、その後、続編の「キカイダー01」にもイチローの弟のジローとして出演する。

この「キカイダー」が日本以上に大ブレイクしたのが、米国ハワイであった。


1973年にハワイのテレビ局で放送されると軒並み高視聴率を記録し、当時のハワイのちびっ子の心をがっしりとつかんだ特撮テレビのスーパーヒーロー。本物のジローとキカイダーがハワイに来たちびっ子向けイベントでは3万6千人もの人が集まり、会場は熱狂パニック状態になるほどの人気ぶりであった。

キカイダー放映終了後、続いて特撮シリーズの「イナズマン」、「忍者キャプター」、「バトルフィーバーJ」などに出演。

最近のドラマではテレビ朝日の特撮ドラマ「牙狼MAKAISENKI」などがあり、常にあらゆる役柄に挑戦する。

他にも映画「リング」(1998年)「らせん」(1998年)「リング2」(1999年)、「リング0 バースデイ」(2000年)などがあり、最近では仮面ライダーV3のヒーロー、宮内洋と共演した「ゲームアクション」や日活映画「死ガ二人ヲワカツマデ・・・」第2章「南瓜花-nananka-」、「魔法少女を忘れない」がある。

2001年には著書「人造人間キカイダー、ジロー旅の途中で」(角川文庫)も出版。

ハワイではキカイダーの「ジロー」として最も広く知られている伴大介は今でも年に何度かイベントをハワイでこなし、70年代にキカイダーを見て育った世代とその子供達と三世代に渡るファンに愛されて続けている。

PROFILE

© 2017 BAN DAISUKE OFFICIAL SITE